<< 代替フロン排出増へ 温室効果ガス削減足かせに(産経新聞) | main | <田村参院議員>民主に入党 統一会派、過半数に(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日弁連会長戦、初の再投票に=法曹人口問題が争点−得票、規定に達せず(時事通信)

 法曹人口問題が争点となった日弁連の次期会長選が5日投開票され、2人の候補者の得票が、日弁連の会則で定められた当選の条件を満たさず、後日、再投票が行われることになった。会長選での再投票は初めて。
 候補者は宇都宮健児氏(63)=東京弁護士会=と日弁連の前副会長山本剛嗣氏(66)=同=。宇都宮氏は「司法試験合格者数を当面1500人程度に削減すべきだ」と主張。山本氏は「法曹人口増員の理念は正しいが、必要があれば現状の合格者数にこだわらない」と急激な削減に慎重な姿勢を示していた。
 同日の仮集計で、山本氏は東京や大阪などの大票田で票を伸ばし、宇都宮氏を約1000票上回る9525票を獲得。一方、宇都宮氏は、52弁護士会のうち42会で山本氏を上回る票を得た。
 会則によると、会長は弁護士による投票で選ばれ、当選するには、総投票数で最多票を獲得した上で、少なくとも、全国52弁護士会の3分の1以上に当たる18弁護士会で最多票を得る必要がある。 

【関連ニュース】
旧司法試験、92人が合格=法務省
札幌弁護士会副会長を逮捕=覚せい剤所持容疑、使用も認める-1g程度、自宅に隠す

3パターンで検討 温室効果ガス削減で環境相(産経新聞)
<前原国交相>「秘書3人起訴の事実は重い」(毎日新聞)
予算案の審議入りできず=個所付け通知で紛糾−衆院委(時事通信)
地上100m!橋下知事、通天閣で豆まき(読売新聞)
母親死亡、遺体を自宅に半年間放置…息子逮捕(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 07:04
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
無料携帯ホームページ
債務整理・自己破産
ライブチャット
カードでお金
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM